日蓮正宗では、諸祈願、厄払いを随時受け付けています。

お寺は何のためにある?

人生を切り拓く力を与えてくれる場所

誰にとってもかけがえのない人生、悩みに明け暮れ暗く沈んだ人生など、望む人はいません。
しかし実際には、さまざまの問題に悩まされるのが常ではないでしょうか。悩みや辛いことがない人など、一人もいないのが現実だと思います。

仏様の真実の教えは、私たち人間が、その能力や職業、社会的地位、年齢や性別、性格や生活環境等々に一切かかわらず、誰もが人生の諸問題に対して、それらを乗り越える智慧(ちえ)と勇気を与えてくれるのです。

難しいことはひとつもありません。
仏様の教えを専門的な修行によって体得している僧侶がおりますし、その教えによって幸福な境涯を開きまた開きつつある御信徒が大勢おります。

あなたもお気軽にお立ち寄りください。
今まで体験したことのない新しい世界を発見し、希望と勇気がわいてくることと思います。

故人や先祖をも幸せに導く

仏様の真実の教えは、「死」をひじょうに重要なことと説いています。
亡くなった方は、姿を変え今も生きています。仏様の教えは、亡くなった方をも幸せに導くことができるのです。
故人の方の納骨や仏事一般に関することも、随時ご相談に応じております。
御供養(料金)についても、穏当なご提案をさせていただいております。

なぜ、誰もが幸福になれるのか

真実の仏様の教えは、「一切衆生皆成仏」がその目的だからです。
「成仏」とは、一般世間では「亡くなった人が安らかな所へ行く」ことを指しますが、本来の成仏の意味は、「最高の幸福状態になる」ことだと言うことができます。
誰もが最終的には、仏様と同じ幸福境涯に至れる、と仏様は説いています。
仏の境涯とは、「絶対的幸福」とも言われます。
なにものにも、なにごとにも揺るがない幸福の状態です。

あなたのあらゆる悩みは、正しい信仰によって必ず乗り越えることができるのです。

このページの先頭へ